注目したい発表

小児プライマリーケアにおける抗菌薬の適正使用について―プライマリーケアの治療を考え直そう―

   

抗生剤だけでなく咳止め、鼻水止めの問題点について触れられています。

消炎酵素製剤「ダーゼン(R)」の自主回収について

 

再試験の結果、効果がなかったということで2011年2月に自主回収となりました。

このように昔の基準では認可されたけれども、現在の基準でみると効果がない薬は他にもありえます。また治療方針の変更により不要と考えられる薬(咳止め、鼻水止め、下痢止め等)もあります。ちなみに現在の基準も未来には代わっているかもしれません。

日本小児科学会の予防接種の同時接種に対する考え方

 

予防接種の同時接種は小児科学会からも推奨されています。

学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説

 

種々の感染症について治療法や予防法、登校(園)基準について記載されています。

Recommended Routine Immunization - Summary of WHO Position Papers

 

WHOが推奨するワクチンの一覧。

ヒブワクチンは1998年にはRecommendations for all(国の裕福関係なくすべての国に推奨)となっていました。

 

ワクチンのファクトシート(2010年7月7日)

 

第11回厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会で提出された予防接種法の定期接種となっていないワクチンについて、国立感染症研究所を中心に、現時点における情報(疾患の基本的知見・予防接種の目的と導入により期待される効果・ワクチン製剤の現状と安全性等に関する事項)を幅広く収集・整理したものでインターネットで公開されています。 

 

 おたふくかぜワクチンに関するファクトシート

 

 水痘ワクチンに関するファクトシート

 

 B型肝炎ワクチンに関するファクトシート

 

 ポリオワクチンに関するファクトシート

 

 百日せきワクチンに関するファクトシート

 

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンに関するファクトシート

 

 ヘモフィルスインフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンに関するファクトシート

 

 肺炎球菌コンジュゲートワクチン(小児用)に関するファクトシート

 

 肺炎球菌ポリサッカライドワクチン(成人用)に関するファクトシート

 

「ホメオパシー」についての会長談話

 

ホメオパシーの問題点について触れています。

日本学術会議会長の談話です。 


このサイトの他のページをご覧になるには

 → サイトマップ

 

アンケート

ご協力ください。


All for children...

すべては子どもたちのために

 

子供の病気のときは多かれ少なかれ心配なことが生じますが、このときの不要な心配がこのサイトを見ていただくことで減れば幸いに思います。

 

<サイトマップ>

 

当サイトのQRコード

現在の閲覧者数: